生産本部 製造第1部 製造第1課

2016年入社

仕事内容

チオ硫酸塩の製造を行っています。溶液の冷却や濃縮によって得た結晶を分離し、目的の粒度のものを製品として包装します。実際の製造作業はタッチパネルを使用した遠隔操作が基本ですが、一連の製造工程の中には、自動化ができず手作業が必要な工程もあります。製造現場の作業員同士で協力し合い、定品質の製品を安全かつ安定的に生産しています。また、生産性向上に関する検討も行っています。作業工程を少し変えるだけで製品の生産性が上がることもあります。そのため、様々な視点から製造作業を見直し、改善活動を行っています。

入社のきっかけ

大学では化学や化学工学を中心に環境保全を学びました。それらの知識を生かせる仕事がしたく、志望企業を化学メーカーに絞って就職活動をしていました。大学の研究で有機製品を取り扱っていたこともあり、有機合成に強みを持つ当社の工場見学に参加しました。その時、当時の工場長に是非入社して欲しいと言ってもらったこともあり入社を決めました。三井物産グループで福利厚生が充実していることも魅力の一つでした。

仕事のやりがい

これまで勉強してきた化学を理解しながら、実際に化学工場でものをつくる経験は貴重だと思います。大きな設備を使用して実際に製品が得られる瞬間は感動します。また、化学製品の製造において、適切な設備の選定をするためには設備に関する知識も重要です。そのため、日々の製造や設備の保全により新たな知識が得られることもやりがいに感じています。さらに知識を蓄積し、今後新規に導入する設備の選定などに役立てたいと思います。

大東化学のいいところ

社員を大事にするところです。当社には個性豊かな人が多く、またその個性を受け入れる風土があり、それぞれの得意分野を発揮して活躍しています。また、年に数回開催される会社のイベントは、幅広い年齢層の社員同士の交流の場になっています。そのおかげで先輩や上司ともコミュニケーションが取りやすくなり、若手社員でも仕事上の意見を言える環境になっています。それと最近社員食堂が綺麗になったので、毎日のランチが楽しみです。

    <ある日のスケジュール>

  • 08:10始業

  • 08:20ミーティング(作業内容などの確認)

  • 08:30結晶チオ硫酸ソーダの分離・包装作業、液体製品の製造など

  • 10:1010分休憩

  • 12:15昼食

  • 13:00午前作業の後処理、結晶チオ硫酸ソーダの原料仕込み作業など

  • 15:0010分休憩

  • 15:30製造設備の点検および保全

  • 16:30日報などの記入

  • 17:00退社

関連インタビュー