社長メッセージ

スピード&チャレンジをテーマに新境地へ挑む

当社は、1950年に湘南・平塚の地で、日本の産業界の復興に欠かせない素材の一つである亜硫酸塩類の製造メーカーとして産声を上げました。その後約70年を経て、医療・食品・農薬など様々な産業を支える素材メーカーとして大きく成長して参りました。

約70年前の創業事業である亜硫酸塩類は、現在でも日本のトップメーカーとして安定生産と多様な品揃えにより日本の産業界に貢献しています。

当社が日本で始めて量産化に成功した酢酸ナトリウムを中心とする酢酸塩類は、食品添加物・医療用途での中心的な素材の一つとして需要が大きく伸張しており、当社は日本のトップメーカーとして事業拡大を続けています。食品添加物用途では、酢酸カルシウムなどの新しい素材開発を更に進めることにより、食の安全と健康な社会に貢献したいと考えています。

有機製品と薬液調合も、平塚工場での優れた量産化技術と浜岡工場での安定的な生産管理・品質管理により、幅広いファインケミカル分野での受託事業を展開しています。

当社は、「より優れた技術・より良い製品」という経営理念をベースに、日本の産業界を下支えする重要な素材を安定的に供給し、当社の得意とする量産化技術で更に新たな事業を生み出すことにより、今後とも社会の発展への貢献を目指して参ります。

代表取締役社長堀 靖代表取締役社長 堀 靖