スピード&チャレンジ Clean & Hight Quality 化学の新しい可能性を常に追い求めて
ホーム > 工業薬品 > 商品の活用例

工業薬品

商品の活用例

チオ硫酸ソーダ俗名ハイポによる塩素処理

脱塩素処理剤として通常使われる当社製品に、粒状の結晶チオ硫酸ソーダと液体のチオ硫酸ソーダ液32%がございます。各種の塩素化合物を処理するのに必要なチオ硫酸ソーダの使用量は次表をご参考ください。尚、以下は理論量ですので、実際はこれより多く必要になる場合があります。最終的には処理対象物を測定して終点をご確認ください。又、処理後には酸が生じます。この酸を苛性ソーダで中和する場合の目安量も同じ表に示しました。実際はpH計で確認しながら添加してください。

表・処理対象物1(kg)に対するチオ硫酸ソーダの必要理論量(kg)

製品名
処理対象物
結晶チオ硫酸ソーダ
Na2S2O3・5H2O
チオ硫酸ソーダ液
Na2S2O3-32%
処理後に生じた酸を中和するのに必要な
NaOH固形換算(kg)
次亜塩素酸ソーダ 0.83 1.66 0.27
亜塩素酸ソーダ 1.37 2.73 0.44
塩素酸ソーダ 1.75 3.48 0.56
二酸化塩素 2.30 4.57 1.33
塩素 0.87 1.74 1.41
過塩素酸ソーダ 2.03 4.03 0.65
遊離残留塩素
(次亜塩素酸として)
1.19(※) 2.38 1.15

理論量の計算には、処理しようとする対象物の濃度と量が必要です。次式に数値を代入するとチオ硫酸ソーダの理論量求める事ができます。
[対象物濃度(%)]×[処理量(L)]×[上表の数値]÷100=[理論量(kg)]
あるいは、[対象物濃度(ppm)]×[処理量(L)]×[上表の数値]÷1000=[理論量(g)]

※計算例
例えば、遊離残留塩素(次亜塩素酸として)1ppmの水、3000L(=3t=3m3)を結晶チオ硫酸ソーダで処理する場合は
上式に代入して、1×3000×1.19÷1000=3.57
3.57 gが結晶チオ硫酸ソーダの理論量となります。

当社製品ソービスによるクロム酸廃水処理

水質汚濁防止法で特定施設を有する工場・事業場の排水に対して、6価クロム化合物0.5mg/Lという許容限度が設けられています。また、各県の条例ではこれより厳しい排水基準が定められています。クロム廃水を排出する工場では、廃水処理装置を設置し、薬品を使用してこれ以下に処理を行って排水しなければなりません。 当社では、国内に於いて最も早く(昭和36年以来)クロム廃水処理用還元剤として、最も確実な効果があり、経済的な「ソービス®」の製造販売を行っています。ソービス®は、(1)溶解性が良い、(2)使用量が少ない、(3)処理後のスラジ(沈殿物)量が少ない、(4)価格が割安、という他の還元剤に優る特徴を備えています。

ご使用方法

  • 6価クロム廃水を貯槽から還元槽に移し、まず硫酸でpH2~3になるようにpHを調整します。このpH2~3は、6価クロムを処理するのに最適な条件で、処理時間、薬剤量からも、最も経済的です。
  • ソービス®を下の表を目安に添加し攪拌溶解させて、黄褐色の排水中の6価クロムを還元し、3価クロムに変化させます。還元が終わると廃水の色が青色に変わります。酸化還元電位計を取り付ければ、還元の終了の判断が明確になります。
  • 還元終了後、中和槽へ移し、苛性ソーダ等で排水のpHを7.5~8.0に中和します。
  • 中和槽から沈降槽へ移します。中和を行うと3価のクロムが不溶性の水酸化クロムに変化して浮遊し、時間を経て沈殿します。
  • 沈殿終了後、上澄み液を排水します。
  • 沈殿物は適時槽から取り出し、脱水処理を行うなどして廃棄物として処分します。
イメージ図

表・処理対象物1(kg)に対する必要な薬品の理論量(kg)

製品名
処理対象物
硫酸(処理前に使用)
H2SO4
ソービス®NaHSO3 苛性ソーダ
(処理後に使用)NaOH
処理後に生じる水酸化クロム
の沈殿物量(kg)
無水クロム酸 0.74 1.43(※) 1.20 1.20
重クロム酸ソーダ 0.94 1.09 0.92 0.92
クロム 1.42 2.70 2.30 2.30

理論量の計算には、処理しようとする対象物の濃度と量が必要です。次式に数値を代入するとソービス®の理論量求める事ができます。
[対象物濃度(%)]×[処理量(L)]×[上表の数値]÷100=[理論量(kg)]

※計算例
例えば、2%の無水クロム酸を含む排水、300Lをソービス®で処理する場合は、上式に代入して、2×300×1.43÷100=8.58
8.58kgがソービス®の理論量となります。
尚、以上は理論量ですので、実際はこれより多く必要になる場合があります。最終的には処理対象物を測定して終点をご確認ください。

ページトップへ

亜硫酸塩類のホルムアルデヒド補足機能

建材や内装材(家具)などからさまざまな揮発性有機化合物(VOC)が空気中に放散され、これらの化合物はシックハウス症候群や化学物質過敏症の原因とされています。当社の商品である重亜硫酸塩、亜硫酸塩類は、これらの原因物質であるホルムアルデヒドの捕集剤(アルデヒドキャッチャー剤)に利用されています。

(1)亜硫酸塩

亜硫酸塩

(2)重亜硫酸塩(無水物)

重亜硫酸塩(無水物)

ページトップへ

バラスト水薬剤処理向け塩素系薬剤の中和処理

バラスト水とは船舶の安定性を保つ為に「おもし」としてバラスト水タンクに注水された海水です。バラスト水に取り入れられた生物がバラスト水排出と共に本来生息地ではない場所で排出される為、生態系に影響を与えます。

この問題を解決する為に2004年国際海事機構(IMO)において船舶バラスト水規制管理条約が採択され、2017年9月よりバラスト水規制管理条約が施工されます。

条約発効後、設置が必要となるバラスト処理装置向け中和剤として当社商品が利用されています。

  • 薬剤処理システム概要 chemical treatment system

  • 商品ラインアップ product line-up

製品のお問い合わせはこちら
ページトップへ